私こと、「茜菫」の活動記録。今は色々なゲームを適当に遊んでます。

BC、またやりたいなぁ
サービス終了から、早くも2か月と2週間ぐらいが経過しました。

またあのゲームで遊べるなら、リセットされててもいいから最初から遊びたいな・・・なんて荒唐無稽な事を考えてしまう私が居ます。

それだけ、サービス終了するには惜しいゲームだったという認識なんですけどねぇ・・・。

ただ、遊びだしても一定のところまで強化すると一気にやる気を失くすので、続かない可能性もあるのですがw

BC 打刀「天道」について、"今更"語りたい
天道


 BC現役時代から、常々不遇だと思い続けていた刀について語りたくなってきた上に、語りたい衝動が止められそうも無かったので思い切ってやっちゃえって事になりました。

 さて、今回お話ししたいのは「丸い紅純石」を使って生産できる守護の打刀「天道」と、その業物についてです。
 守護の型の刀は、攻撃・防御と用途がハッキリしている分使いやすい刀と使いにくい刀というものもハッキリと区分されていたわけですが、とりわけ謎が多い・・・というか、使っている人を見たことが無い刀というものもありました。
 その代表として挙げるとしたら、打刀「茜」なんですが、まぁこちらについては過去に検証した事がありますので今回は割愛。

BC終了後のアレコレ
 BCのサービス終了から早くも1ヵ月と1週間が経過しました。
元武芸者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 私は、4年前に引退した際には「もう未練はない」と思っていたにもかかわらず、今年の2月19日頃に最終章を迎えるにあたって復帰しました。
(サービス終了前の約3週間程度復帰・・・ですが、知っている人が殆ど居ない状態だったのでアレでしたが・・・)

・・・その結果、見事にBCロスと相成りまして、先日にはBCを始めた頃(2009年(H21年)当時)の段上げをしていた夢を見るという始末。
(明里で蓑むしりを倒し続けて、段位10段に上がったところで目が覚めました)

このロス・・・とても・・・苦しいです・・・。(重症)

過去に大会の動画を撮影していた事もあり、当時を思い出しながらそのような動画を見ていたりしていますが、こんな事をしているからBCという存在に心を引っ張られ続けているのでしょう。
けど、それだけ思い入れが強いMMORPGだったので仕方が無いよね。

BC 私の戦闘スタイルを振り返ってみた
 BCのメインコンテンツが対戦に移行・・・というか、合戦の時点でそれなりの対人コンテンツを主としている趣はありましたが、更に上を行く(?)対人コンテンツに「武芸者大会」がありました。

 BCの対人における戦闘スタイルについては、各型全てにおいて非常にシビアなものだったと思います。
 武芸者大会そのものは、基本的には攻撃を当てた際に入る点数や相手プレイヤーの刀を破壊した時に得られる点数等、いわゆる「点取りゲーム」だったので、ある程度「念術の型」のプレイヤーに注目されていた時期がありました。

(特に大会の最初期は、「守 迅 念 念 壮」という、2念スタイルが最強の組み合わせと認識されていました)
※ 村雨サーバーの話ですので、草薙サーバーがどうだったかはわかりません。

BC BCロスを発症中の貴方・貴女に


 ゲーム終了1日前の夜に、開発侍が現れて『ゲームの音源を発売することは不可能』と発言をされていました。
 実は、ゲームのBGMをサントラとして発売してほしいと願っていたプレイヤーは意外にも多く、引退した私も同じ考えだったので、引退前にこっそりと目安を送っていたわけですが・・・。

 様々な権利が引っかかっていたのか、それは夢のまた夢という話・・・だったのです。

 上記の動画は、有志の方が作ったBCの音楽集です。
 著作権的にはアウトなのかもしれませんが、消されるまでは、あの懐かしい曲や聞いたことが無い曲・・・色々ありますがお楽しみください。
Copyright © 茜菫の…まぁどうでもいいや. all rights reserved.